免責不許可事由は自己破産をする人に対し、こういった項目にあたっているならば借金の帳消しは受け付けませんとする線引きを指したものです。ですから、端的に言うと完済が全くできない人でもこのリストに含まれる人は負債の帳消しが却下されてしまうようなこともあるとなります。ですので自己破産手続きを行って借金の免責を是が非でも得たい方にとっては、最終的な関門が「免責不許可事由」ということです。これらは骨子となる条件です。※浪費やギャンブルなどで、いたずらにお金を減らしたり、莫大な債務を負担したとき。※破産財団に属する動産や不動産を隠しこんだり破壊したり貸し手に損害が出るように処理したとき。※破産財団の負担額を偽って多くした場合。※自己破産の責任を有するのに、そうした債権を持つものに特別となる有利となるものを与える目的で担保を受け渡したり弁済期前倒しで負債を返したとき。※もう返済不能の状態にもかかわらず、虚偽をはたらき債権者をだましてさらにお金を借りたり、クレジットカード等を利用して換金可能なものを決済した場合。※偽りの債権者の名簿を法廷に提示したとき。※免責の手続きの過去7年以内に返済の免除をもらっていたとき。※破産法のいう破産手続きした者に義務付けられた点に違反した場合。上記8つの内容に含まれないのが要件と言えますが、この概要だけで実際のケースを想像するには、知識がない場合簡単なことではありません。それに加え、厄介な点は浪費やギャンブル「など」と書いていることから分かるように、ギャンブルというのはそれ自体は数ある例のひとつというはなしでほかに具体例として言及していない条件が星の数ほどあるんです。ケースとして書かれていないものは、さまざまなケースを指定していくときりがなくなってしまい挙げられなくなるものや、判例として出されてきた判決に基づくものが考えられるため個々の申告がこれに該当するかは一般の方にはちょっと判断がつかないことが多々あります。でも、事由に該当するものとは思いもしなかった時でもこの決定をひとたび宣告されてしまえば、その決定が取り消されることはなく借金が残ってしまうだけでなく破産者であるゆえのデメリットを7年ものあいだ負うことを強要されるのです。ということですので、免責不許可による悪夢のような結果を回避するために破産申告を選択するステップにおいてわずかながらでも不安を感じる点や理解できない点がある場合は、破産に詳しい弁護士に相談してみることをお勧めします。

Copyright © 2002 www.godsofharvest.com All Rights Reserved.